『欲しい人材を集めるため』の
価値あるリクルートサイト制作

採用サイト制作には、しっかりとした戦略設計が必要です。ターゲットとなる求職者像をしっかりと把握し、その企業独自の強みや特性を伝えられれば『欲しい人材を集めるため』の価値ある採用サイトになります。様々な企業や事業のブランディンや戦略を経験したみやあじよだからこそできる、価値あるリクルートサイトにご興味がある方は是非一度私たちに相談ください。

リクルートサイトが必要な理由

企業の求人戦略を考えたとき、採用メディアと呼ばれる「リクルート」や「マイナビ」の出稿をまず考えることが王道となりつつあります。実際、多くの応募者は採用メディアをリクルート活動に利用しています。
ただし、就職情報会社『株式会社リクルートキャリア』の就職プロセス調査 2018年卒 調査報告書アンケート調査によりますと、全体の半数以上の学生が「業界研究」や「仕事研究」に企業のホームページを活用していると回答しています。企業のホームページを求人活動に利用する割はは年々高まってきています。採用メディアとリクルートサイトを併せることは、採用活動にとって必須といえるでしょう。

求職者の半数以上はリクルートサイトを利用している。
就職プロセス調査 2018年卒 調査報告書

リクルートサイトのメリット

  1. リクルートサイトを併せることで採用メディアの応募数増加
  2. 入社前と入社後のイメージギャップを無くし、早期退職の軽減・防止。
  3. 情報発信やブランディングを行うことで、同業他社との差別化。

1.採用メディアの求人数の増加

求職者が採用メディアにてある企業に興味を持った際、応募をするかどうか迷った際、後押しをする役目がリクルートサイトにはあります。採用メディアだけではわからない、その企業特有の魅力を伝えることで、求職者が応募するきっかけとなります。

2.早期退職の軽減・防止

採用メディアでは、給与や勤務条件等や画一的な物に内容が集中しがちになってしまいます。その内容のみで就職してしまうと、イメージしていた仕事内容や環境とのギャップで「こんなはずじゃなかった」と早期退職に繋がります。リクルートサイトでは仕事内容や環境をしっかりと伝えることで早期退職の軽減・防止に効果があります。

3.同業他社との差別化

採用メディアや求人広告では、画像の掲載点数や文字数の制限があり同一のデザインで自社をアピールすることになり、なかなか自社特有の強みを発信することが難しい状況です。リクルートサイトではその企業にあったデザイン、内容を自由に発信できるため同業他社との差別化ができます。

リクルートサイトを長く使っていただくために

リクルートサイトを含め、WEBサイトは制作した後の活用も非常に大切なことです。
みやあじよでは新規のホームページ制作だけでなく、長くサイトを使っていただきたいとの考えから定期的なホームページの運用、更新作業や保守作業も行なっております。
インターネットやPC作業にお困りの企業様にも安心してサイト制作をご依頼いただける体制づくりを心がけています。

みやあじよの想い

現在の売り手市場において、採用活動は企業の成長戦略にとって非常に重要な課題となっております。
そのような中で私たちみやあじよは、少しでも多くの企業のお手伝いができればと考えております。
もし、何かお困り事や気になることなどございましたら、一度気軽にご相談してください。
みやあじよにしかできないことをご提案させていただきます。