kurico tokyo様 ロゴ、美容品販売兼コーポレートサイト制作

髪と地肌のために有効な成分を使用し、女性を美しく健やかにするオリジナルシャンプーを開発されたクライアント様。
前回のご依頼内容に引き続き、、「自社サイト内に販売経路を確保したい」とのことで、ウェブサイトを完全にリニューアルさせていただきました。

また、今後自社でしっかりブランディングを行い、将来的には商品展開も行っていきたいとのことでしたので、併せて企業ロゴを新規作成いたしました。

ロゴコンセプト:
「使いたいから、つくる。」という、自分たちが本当に使いたいと感じたものだけを提供したい。 そのようなコンセプトを体現するため、
(1)クライアント様のお名前に含まれる「栗」と、栗が生み出す(作る)「子」(商品)」を表現するため、ぽってりとした栗のシンボルマークを作成

(2)「しずく」のようなうるおい感、透明感のあるカラーリングを採用し、
「カタチのないもの(水)から生み出す」=「使いたいから、つくる。」の意味合いを持たせる

(3)全体的に、にじみのようなテクスチャを用いることにより、温かみや柔らかさ、女性らしさを表現
小さい栗(子)を少しだけ大きい栗(親)の方に傾けることにより、寄り添っている「栗の親子」のイメージをデザインしました。

サイトデザインについて:
kurico tokyoのブランドを表現する「ナチュラルさ」「高級感」「透明感」をデザインコンセプトとし、白を基調とした柔らかい雰囲気を表現いたしました。

サイト制作のポイント:
現在は製品をシャンプー/トリートメントの2つに絞っているので、製品紹介ページは商品の魅力が伝わるよう、ランディングページ型の訴求力が高いデザインに仕上げました。

サイトをみる