【求人担当者必見】応募者が増加!?「ジョブオプLite」とは?

【求人担当者必見】応募者が増加!?「ジョブオプLite」とは?

「ジョブオプLite」とは?

ジョブオプLiteとは、リクルートグループが運営する、簡単に自社求人サイトを作成でき、かつ世界最大級の求人検索エンジンIndeedへ掲載ができる無料採用支援ツールのことです。

(公式HP: https://ats.joboplite.jp/ )

ジョブオプLiteの特徴

ジョブオプLiteの特徴は、なんと言っても完全無料で、自社の求人サイトが作れるところです。

しかも、80種類の中からデザインを選び、決められたフォームに文章を入れるだけ!自動でかなり良い感じに作ってくれます。

もちろん、いつでも編集・更新可能ですし、一時的に募集を停止したり再開したりも可能。

自社で求人サイトを作るとなると、たくさんの知識と時間が必要です。
外注で作ってもらうとなると、コストがかかります。

ジョブオプLiteなら、知識も、時間も、お金も使わずに自社求人サイトが作れます。

ジョブオプLiteのメリット・デメリット

メリット 

  • 完全無料
  • GoogleやYahoo! JAPANなどの検索エンジンで、上位表示されるよう最適化。
  • 自動連携機能により、Indeedへ無料掲載。
  • スマホ・パソコンに対応。
  • 複数の勤務地や職種があっても、求人情報が掲載できる。
  • 応募者の一元管理ができ、メールでのやり取りも管理ページ上で簡単に行える。
  • 不正アクセスや情報漏洩などへの対策もバッチリ。
  • 電話サポートも平日9時~18時半まで対応してくれる。

デメリット

  • 独自ドメインが使えない。
    https://***(この部分はお好きに決めれます).jbplt.jp/ というURLになります。
    リクルートが無料で提供しているサービスなので、ここは諦めましょう。
    独自ドメインを使いたければ、今のところ有料サイトへ行くしかないです。(有料サイト:採用係長 etc..)
  • オリジナリティに欠ける。
    テンプレートからデザインを選ぶので、デザインのカスタマイズ等は出来ません。
    利用者全員が用意されたテンプレートからでしかデザインを選べないので、他社とデザインがかぶることもしばしば。

結局、無料でどこまでできる?

結局、無料でどこまでできるの?あれこれしたい場合は有料なの?っていう方に、無料でできることをわかりやすくまとめました。

スマホ対応の自社求人サイト作成

なんといっても豊富なデザインテンプレートで、高クオリティ!サイトに掲載できるコンテンツ内容は以下の通りです。

キャッチコピー会社紹介事業内容
仕事紹介インタビュー福利厚生
FAQメイン画像ロゴ画像

求人ページの掲載

求人作成経験がなくても安心。リクルート社の採用ノウハウが詰まった求人原稿フォーマットが使えます。また求職者とのトラブルになりやすい、最低賃金など法令関連のチェック機能も搭載。

検索エンジンIndeedへの自動掲載

ジョブオプLiteで作成したホームページに掲載した求人原稿は、Indeedへ自動掲載。世界最大級の求人検索エンジンに掲載されることで、より多くの求職者の目にとまり、応募数増加に繋がります。
※Indeed有料枠への掲載をご希望の方は、有料プランへのお申込みが必要。

リクルートメディアの求人原稿取り込み

過去にリクルートメディア(タウンワーク・はたらいく・とらばーゆのいずれか)に掲載したことがある場合は、原稿をジョブオプLiteに取り込む事が可能。求人原稿作成の手間が省けます。
求人原稿を取り込むには「おうぼうける君アカウント」の連携が必要

また、取り込み出来る求人原稿には条件があり、以下を満たす場合にのみ取り込み可能。

  1. ジョブオプLiteと連携したおうぼうける君ログインID(メールアドレス)に紐づく求人原稿
    →新規登録する際に、一緒におうぼうける君のIDも作っておきましょう。
  2. 以下3つの求人媒体に掲載した求人原稿
    ・タウンワーク
    ※A1~A6フォーマット、A5/A6フリー、1P、1P/2Pフリーの原稿フォーマットが連携対象です。
    ただしフリーの項目は転載されません。
    ※「枠得プラン・枠得プランAD」、「モバイルセット」、「タウンワークiプラス1/2/3」は連携対象に含みません。
    ・はたらいく
    ・とらばーゆ
  3. メディアでの掲載開始日を過ぎており、掲載終了日から一年以上経過していない原稿
  4. 雇用形態がアルバイト、パート、 正社員、契約社員、派遣社員、有料職業紹介要員、業務委託

※ただし、求人原稿の雇用形態が【代】(代理店・FC開業者の募集)の場合と、求人原稿の取り込み実行後に「流用不可のため取込できませんでした」と表示される原稿は取込不可。

応募者管理/メッセージ送信

各応募者の対応状況を確認できたり、応募者との個別のメールのやりとりも可能。電話や採用ホームページ以外からの応募者情報も、手動で登録ができるので、応募者を一元管理することができる。


自社の求人サイトがをweb知識がなくても簡単に作れて、Indeedにも自動で掲載してくれる・・無料でも全然十分ですね!

実際に無料で応募者の獲得はできるのか?

無料だから応募者が来ないんじゃないか・・?と心配なそこのアナタ。
公式ホームページによると、

ジョブオプLiteに3件以上求人を掲載している企業の67%が、1ヶ月以内に応募を獲得しています。

https://ats.joboplite.jp/

とのことです。

有料プランはここが違う!「タウンワークオウンドパック」って?

「タウンワークオウンドパック」とは、採用力を最大化するパッケージ商品です。

【タウンワークに求人掲載】→【ジョブオプLite(自動で求人サイト立ち上げ)】→【Indeed有料枠へ掲載】

という流れ。

では、

無料プランと有料プラン、どう違うのか?

無料プラン

  • ジョブオプLiteで求人サイト作成
  • Indeed無料枠へ掲載

有料プラン

  • ジョブオプLiteで求人サイト作成
  • タウンワーク(フリーペーパー+ウェブ両方)に1週間掲載
  • Indeed有料枠へ2週間掲載

つまり、有料プランのほうは、タウンワークとIndeed有料枠へ掲載してより多くの求職者の目に止まりやすいようアプローチするって訳ですね。

有料プランだといくらかかるの?

関西圏の場合、

  • タウンワーク掲載料(1週間) >>> 19,800円(税込)~
  • ジョブオプLite利用料(無期限) >>> 無料
  • Indeed有料配信料(2週間) >>> 20,000円~

最低、39,800円~の料金になります。

タウンワークは、フリーペーパーとタウンワークネットの両方に掲載。フリーペーパーに掲載する求人広告枠の大きさで、料金が変動するシステムです。

(参考URL: https://www.jinzai-info.net/parttime/townwork/#goodsPrice )

Indeedは、Indeed上の集客力に応じて2万円3万円4万円5万円の4ラインナップから選択します。

まとめ

インターネットの普及により、いまや求職者のほとんどは、Webやアプリで仕事を探し、求人サイトの情報だけでなく、働く企業のホームページや、企業の口コミサイト・SNSでの口コミ等…様々な情報を集めた上で、求人に応募するようになってきています。
自社ホームページがない企業は「怪しい。」という印象を持たれてしまい、それだけで求職者が応募を諦める、といったことも少なくありません。
いまや、自社求人採用ホームページは企業の採用活動に必須です。

ジョブオプLiteは、無料プランでも簡単に十分なサービスを受けることができるので、是非利用してみてはいかがでしょうか?

みやあじよのSNSアカウントをぜひフォローしてください