みやあじよ のWEB制作費用は高い?安い?

2017.04.24(月)

にーこ

Writer:ni-co

みやあじよ のサイトを本格的に公開して、もうすぐ2ヶ月が経とうとしております。スタートアップとしては大変ありがたいことに、毎日何かしら案件のお問い合わせをいただいている状況です。

ただ、まれにいただくのが「(格安な費用で)サイトを作ってください!」というご依頼でして、大抵の場合はお見積もりを提示し、ご予算の折り合いがつかずお断りさせていただいております。

これはちょっとした想像ですが、ご相談いただいた方は「なんでホームページを作るだけなのにこんなに高いの!?」「他の会社はもっと安く作れるのに」とお考えかもしれません。ということで、今後ご依頼を考えてくださっている未来のクライアント様に向けて、「みやあじよ の制作費用は実際のところ高いの?安いの?」といったお話をしようと思います。

格安で「おしゃれ」なホームページ制作は世の中にたくさん

先ほどの「他の会社はもっと安く作れるのに」というのは、大抵の場合クラウドソーシングでお仕事を受注されている方のことを指しておられるのではないでしょうか?

確かに、各クラウドソーシングサイトを見てみると、驚くほどの低価格でホームページ制作を請け負っているサービスがたくさん見つかりますね。

ただ、私たちプロの視点からみて気になるのが、「たった◯円でおしゃれでカッコいいホームページが作れます!!」というキャッチコピーです。

サイトの目的は「おしゃれでカッコイイ」こと?
それとも「お問い合わせをしてもらう」こと?

もちろん、ファッションブランドなどイメージ先行の企業によっては、ブランドの世界観を崩さないようなデザインが必要となりますよね。

さて、ここで先ほどの格安ホームページ制作サービスが安く作れるカラクリをお教えしてしまうと、
既存テンプレートにテキストや画像を当てはめることでサイトを作成することにより、工数を省略しているのです。
いうなれば、ホームページの大量生産です。

確かに、全画面のメインビジュアルに高画質でキレイな画像をどーんと入れて、スクロールやマウスオーバーアクションなんかを入れて……とすると、とってもオシャレですよね。

でもそのサイト、本当にわかりやすい(=購入やお問い合わせをしたくなる)サイトでしょうか?

「お金=きちんとデザインをするための対価」という考え方

私たちのようにデザイン費用をいただいて、クライアント様それぞれのオリジナルデザインを行っているところは、メニューの配置や項目一つにおいても「お問い合わせはメニューに入れようか、それともヘッダー上部にしようか……」「『会社概要』は『施工実績』の隣で本当にわかりやすいかな……?」と、丁寧に検討してデザインしています。

なぜなら、しっかり考えてデザインするためのお金をいただいているからです。

ごく単純な例ではありますが、制作費用1万円のホームページ制作サービスで10万円分売り上げるためには、10のホームページを作る必要があります。それに対して、制作費用10万円のサービスを同じ金額だけ売り上げるためには、1つのホームページを作るだけで達成できます。仮に、同じ期間で同じだけの売上目標を立てているとしたら、それぞれが1つのサイトに掛けることのできる時間の差は、なんと10倍も違う計算になるのです!

みやあじよ は、成果を上げるホームページを作りたい方には
とってもおトクです

ビジネスである以上、先ほどのサービスはどちらも正しい販売スタイルですが、みやあじよ は「できる限り長い間、私たちのサイトを使ってもらえるように」という姿勢でサイトをお作りしております。

「おしゃれ、カッコいい」には必ず時代のサイクルが来ますが、「売れる」の形は大きく変わりません。

私たちみやあじよ のポリシーは、「WEB制作全般を通して、お客様と長く、win-winなお付き合いをさせていただくこと」です。

そのため、一つ一つの制作に真摯に向き合うための金額を提示させていただいております。

「コンバージョンをきちんと考えて、成果を出したい」という、長期的な視点を持つ方にはピッタリです。こちらをお読みになって少しでも みやあじよ の制作にご興味があれば、お気軽にご相談くださいませ。